子供農業体験学習で畑の手入れや牧場見学をおこないました
2014年7月17日(木)

JA青年部と上湧別小学校4年生児童がおこなっている子供農業体験学習ですが、7月16日から7月17日にかけて、春に農作物を植付けした畑の手入れ、子供たちからの質問に答える青空教室、酪農にかかわる出前授業、そして牧場見学と盛りだくさんな内容でおこないました。
まず、7月16日に畑の手入れ、青空教室、出前授業をおこないました。

DSC_3404_01

 

 

 

 

 

 

畑の手入れでは、子供たちがクワなどを手に畑に生えた雑草取りに挑戦しました。慣れない作業でどこがぎこきなく見えますが、30分ほどでおわりました。

DSC_3505_01

 

 

 

 

 

 

続いておこなった青空教室では、子供たちから質問に答えました。子供たちの質問の中には、発想の豊かさに考えさせられる質問も多く、青年部員たちも「子供ってすごいな~」と感心させられました。

DSC_3549_01

 

 

 

 

 

次の時間では、牛という動物と酪農について、出前教室をおこないました。
片岡康太郎青年部長が先生役をつとめて、牛について、そしてこの地域でも多くの農家が営む酪農について、短い時間でしたが、精一杯教えました。次の日に牧場見学の前に少しでも牛についてわかってもらえたかな?と思います。

そして、翌日の7月17日に牧場見学をおこないました。
青年部OBでもある熊谷直哉牧場にお願いしたところ、快諾してもらい、今回の見学となりました。

DSC_3601_01

 

 

 

 

 

まずは、生まれたばかりの子牛がいる場所を見学、「モーモー(?)」鳴く自分たちと同じ大きさぐらいの子牛をみて、子供たちもしきりに「カワイイ~」と声をあげていました。

DSC_3707_01

 

 

 

 

 

 

つづいてお母さん牛がいる搾乳牛舎を見学。
自分たちよりはるかに大きい牛を見て、目を大きく輝かせていました。
熊谷さんも子供たちに牛と酪農という仕事について、わかりやすく教えてもらい、大変助かりました。

DSC_3719_01DSC_3735_01次に、搾乳室の見学。
「これで牛乳を搾るのだよ~」と教えられて、子供たちも興味津々。
さらにタンク一杯に入った牛乳をのぞきこませてもらい、子供たちも自然に笑顔になっていました。(担任の先生も初めて見たらしく、「すごいですね!」と感想をおっしゃっていました)
DSC_3755_01

最後に美味しい牛乳と牛乳豆腐(書くにあたって、あらためて調べてみると、カッテージチーズと同じ部類に分類されるみたいで、チーズの一種らしいですね)をごちそうしてもらい、子供たちは満面の笑顔で、初めての試みでしたが、やってよかったなと思いました。

次回は収穫になりますが、次も子供たちに楽しみにしてもらえたらと思います。

DSC_3820