公共牧場退牧作業
2015年10月22日(木)

10月になり、山々も赤く色付き出して、秋が深まる頃になりました。

早いものでもうまもやく初雪の便りも聞こえ出しています。

そして、この時期は、新緑のまきばに放された牛たちが農家のところに戻ってくる時期でもあります。

 

10月19日にJA管内のトップバッターを切って、白滝地区の支湧別牧場と東白滝牧場で退牧作業がおこなわれ、秋晴れの空の下、165頭が飼い主のもとに戻りました。

退牧作業は、10月30日の上湧別地区まで順次おこなわれ、1000頭の牛たちが戻っていきます。

DSC_6661_002