青しその蒸留作業が始まりました
2021年10月12日(火)

山の木々が色づき始めた10月上旬、遠軽地区と生田原地区では青しその蒸留作業が始まりました。

収穫後に天日乾燥させた青しその葉や茎を、蒸留釜へあふれんばかりに詰め込み、蓋をしておよそ1時間蒸気にあて、油を抽出します。

 

油を抽出し終えた青しそを取り出すと、香りと一緒にもくもくと湯気がたちこめていました。

抽出された油はドレッシングやお菓子の風味に使われます。